神宮前ショールームSTART

Rona Papaver & Rosier Joe Flowers Shop | 天然ダイヤモンド

CLICK HERE

DIAMONDS/ダイヤモンド

Natural Diamond

ダイヤモンドは世界で最も硬い鉱石で 「永遠の愛・永遠の絆」を象徴する宝石と言われています。
ダイヤモンドの輝きは永遠です。
責任を持って事業を行い、自然環境のサステナビリティに貢献すると共に、事業を営んでいる地域社会にポジティブな影響を与えることに尽力してきました。

世界中で用いられているダイヤモンド品質評価基準 4C ダイヤモンドの品質を評価する基準として、1950年代にG.I.A(米国宝石学会)が開発した“4C”という品質評価基準が国際的に使用されています。

Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)の4つの要素で評価されます。
カットはダイヤモンドの美しい輝きを決定づける要素です。
プロポーション(カットの総合評価)、ポリッシュ(研磨状態)、シンメトリー(対称性)の3つの項目がダイヤモンドに取り込まれる光が効率よく反射し、輝きを決めます。
婚約指輪のダイヤモンドに多く用いられる「ラウンドブリリアントカット」は、光を最も効率よく光学的に反射させる形として考え出されたものです。
カラットはダイヤモンドの“重さ”を示し、1カラットは0.2gです。
一般的に、大きなダイヤモンドは小さなダイヤモンドより原石が少なく、より希少価値が高まります。ロナ パパヴェルでは豊富にラインナップがあります。
オーダーの場合は手の大きさとのバランスなど、一人ひとりのご要望を伺いながらご提案いたします。
カラーは、無色透明の<D>を最上位とし、色味に応じて<Z>まで23段階に分けられます。色味が薄くなればなるほど価値が高まります。
ロナ パパヴェルでは、トップクオリティの<D>~<F>を主に取り揃えております。オーダーの場合はご要望にお応えできるよう<G>~<H>のご用意もございます。
クラリティとは、内包物(インクルージョン)や表面の特徴(ブレミッシュ)がどの程度少ないかを表すものです。これらはダイヤモンドの透明度を評価する要素となります。
ロナ パパヴェルでは婚約指輪にふさわしいVVS~VSクラスを主に豊富に取り揃えております。同グレードでも内包物・表面の特徴がより目立ちにくいものを選び、提供しています。